HESALIS ヘンプシードオイル 販売ページ

植物油の中で、オメガ3・6・9がバランスよく摂れる、HESALISヘンプシードオイル

ヘンプシードオイルは最も理想に近い必須脂肪酸バランスのため、世界中で注目されているスーパーフードです。

味噌や醤油、納豆など大豆由来の発酵食品との相性も良く、和食にも取り入れやすい食品です。

イメージ画像

HESALIS ヘンプオイルの特徴

・コールドプレス製法で搾油
・鮮やかな緑色で、フルーティーで爽やかなグリーンの香り
・濃厚でコクのある味わいで、後味がとても良い
・新鮮なオイルを提供するため、販売先より商品のオーダーを受けてから搾油

ヘンプシードオイルの摂取方法について

成分と豊富な栄養素

・必須脂肪酸である『リノール酸』『γ-リノレン酸』『α-リノレン酸』が含まれます。
・必須アミノ酸が9種類「ロイシン、イソロイシン、バリン、メチオニン、スレオニン、トリプトファン、フェニルアラニン、リジン、ヒシツジン」
・亜鉛、カリウム、鉄、マグネシウムなどの豊富なミネラル分と、ビタミンE、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB3、ビタミンB6、葉酸などのビタミン類も含んでおり栄養価に優れています。

必須脂肪酸について

HESALIS ヘンプオイルの製造工程

洗浄と乾燥を繰り返し行い、この工程で不純物やからの種等を取り除いていきながら、種子の水分含有量を搾油に適正な状態にします。乾燥した種をお客様からの注文ごとに搾油していきます。

コールドプレス製法を採用。プレス機から出たばかりの搾油は室温、暗所で約6~7日間重力沈降させ、オイルからの固体粒子の分離後、機械プレスフィルターで精製油を濾過します。オイルからすべての不純物を除去するために、酸化させないように直ちに遠心分離させたのち暗所で低温貯蔵。ヨーロッパでは68種類のヘンプの種子を農業で使用することを認めておりますが、その中から最もオイルに合った品種を選択して使用しております。オイルを抽出する種子の種類は常に認証済みの物を使用しています。